梅雨明け

今日は夏のような暑さだな…と思いながらニュースを見ていたら、本日、関東地方の梅雨明けが気象庁から発表されたとのことでした。6月中に梅雨明けするのは統計開始以来初めてのことだそうです!

 

湿度が高く、気温も高い日に気をつけたいことと言えば熱中症および脱水症状です。

湿度が高いと、熱を下げるために汗をかいても蒸発せず(気化熱が利用できず)、体内の熱が下がらないのです。そして、熱が下がらないので、ずっと汗をかき続けてしまうのです。

また、水分を口から摂取しただけでは、水分補給が完了したわけではありません。口から摂取した水分が、腸から吸収されて初めて「体内に水分を摂取した」ことになるのです。

なので、実は、腸の調子を整えておくことが、熱中症予防になります!

 

鍼灸で腸の調子を整え、これからの暑さに備えましょう!

楽効堂でお待ちしております。

 

もうすぐ梅雨入り

これぞ5月!という爽やかなお天気が続いていましたが、梅雨の気配が感じられる今日この頃ですね。

 

平年の梅雨入りは、東海、関東甲信地方は6月8日ごろとのことですが、ニュースによると、今年の梅雨入りは広い範囲で平年より早くなるとの予想だそうです。もうすぐ梅雨入りということですね(>_<)

 

梅雨と言えば、ジメジメ、ベタベタ、重だるい湿気です。よって、この時期は、体の中の湿気である水毒(体に溜まった不要な水分)による不調が多くなってきます。

例えば、むくみ、冷え、冷えのぼせ、胃腸の不調、頭痛、頭重、肩こり、耳鳴り、めまい、吐き気、関節痛、などなど。

 

この時期に気をつけていただきたいのが、

 

・冷たい物の摂り過ぎ(胃腸の機能低下)

キーンと冷えたビールやアイスなど誘惑がいっぱいですが、なるべく冷たくないものに。

 

・汗や雨で濡れたままでいないこと(関節痛予防、風邪予防)

汗が乾きやすい下着を利用したり、着替えを持参したり、是非対策を!

 

積極的に試してみていただきたいのが、

・軽く汗をかく程度のウォーキング

・普段シャワーのみの方も適温の湯船に浸かる

・鍼灸治療!

 

大切なお身体のために、過ごし方に少し気をつけると共に、鍼灸治療で不要な水分の排出を促し、憂うつな梅雨を上手に過ごしましょう!

 

今の時期、お悩みの方が多い症状でもある「めまい」についてのページを作成しました。

ご興味のある方は是非ご一読ください。

続きを読む

春は身体に厳しい季節です

すっかり春めいて参りましたね。

「春」というと、穏やかで暖かなイメージを抱いてしまいますが、実は、気温差も激しく、発達した低気圧も頻繁にやってくる、身体にとっては厳しい季節なのです。

 

この時季に多いお悩みと言えば、「頭痛(頭重)」「めまい」「疲労感」などが挙げられますが、それらの症状にも鍼灸治療は効果的です。

鍼灸は、コリをほぐし、寒熱のバランスを整え、血行、水分代謝を促進し、乱れてしまった自律神経のバランスを整えるのが得意なのです。

新年度を健やかにスタートさせるためにも、是非一度お試しいただきたいと思います。

 

多くの方がお悩みの症状についてのページを今年度は作成しようと考えております。 第一弾は「めまい」、第二弾は「頭痛」の予定です。乞うご期待!

 

 今年度も楽効堂をどうぞよろしくお願いいたします。

 

花粉症と鍼灸治療

今年の冬は本当に寒かったですね。しかし、ようやく長かった冬も終わりに近づいて来たようです。

 

そして、春と言えば、花粉です(>_<)

ニュースでもそろそろ「花粉情報」が流れ始めましたが、あれを見ると何だかハラハラしてしまいますよね。

 

花粉症の目のかゆみ、鼻づまり、頭がボーっとするなどの不快な症状に、鍼灸治療が有効であることをご存知でしょうか?

 

治療としては、鼻の周り、目の周り、頭、首、肩、肩甲間部などの熱を取り、お腹の働きを良くすることが中心になります。

 

「薬に頼りたくない」、「これ以上薬を増やしたくない」という方は、是非鍼灸治療をお試しください!

 

また、花粉症の症状がひどくなってしまうと、炎症が治まるまでに時間がかかりますので、症状が出る前、もしくは軽いうちに治療を開始することをお勧めします。

不快な症状を緩和させるとともに、花粉症のもとであるお腹の状態を改善していくことで根本的な治療をしていきましょう!

楽効堂でお待ちしております。

今年もよろしくお願いします

年末年始はいかがお過ごしでしたでしょうか?

忘年会、新年会、生活リズムの乱れなどで体調を崩されたりしていませんでしょうか?

また、外は寒く、電車内や会社など室内は暖房で暑く…と体温調節の難しさでお疲れではありませんか?

そのような、「まだ病気とは言えないけれども不調を抱えている状態」を「未病(みびょう)」と言います。

 

鍼灸治療は、腰痛、寝違い、頭痛などの痛みの治療も得意ですが、未病に対する治療=「治未病(ちみびょう)」もまた得意分野です。

楽効堂では、おひとりおひとりのお体の状態をしっかり診させていただき、不調の原因を探っていきます。お早目に治療を開始し、良好なコンディションで2018年、平成三十年をスタートさせてはいかがでしょうか?

 

少しでも皆様のお力になれるよう精進して参りますので、今年も何卒よろしくお願いいたします。

 

戌年

2017年も残すところあと半月となりました。皆さまにとって今年はどんな年でしたか?

 

楽効堂にとっては、お陰様で二年目を無事迎えることができ、新しいご縁も増え、地道に歩むことができた年だったように思います。いらしてくださった患者様、お世話になった先生方、友人達に深く感謝いたします。ありがとうございました。

 

さて、来年は戌年ですね。でも、実は干支(えと)は戌年ではないのですよ。(と言うのは、昨年のブログでも言いましたね…。)

干支は十干(じっかん)と十二支(じゅうにし)の組合せなので、来年の干支は戊戌(つちのえいぬ)です。

 

「戊」と「戌」、とても良く似た漢字の組合せですが、「戊」は「茂」からきており、植物の成長が絶頂期にある状態、

「戌」は「滅」からきており、草木が枯れる、収穫するといった意味があるそうです。

また、漢字が似ているだけではなく、五行(木火土金水)の性質も「土」で同じです。

そして、「土」の持つ意味は「変化」、「育成」です。

  枝葉を落とし、いらないものは断捨離し、本質に集中することによって一気に成長する!

そんな年になると良いですね。

 

体の中の断捨離には鍼灸治療をお役立てください。スパーッと断捨離して、凝りや痛みがない状態で2018年を迎えましょう!

楽効堂の年内の営業は12月28日(木)までとなります。お早目のご連絡お待ちしております!

 

大掃除

早いもので、今日は立冬です。

この調子では、すぐ年末になってしまいそうです(>_<)

 

年末と言えば大掃除ですが、今年は大掃除を「まだ暖かいうちに始めてみる」というのはいかがでしょうか?

寒さが厳しくなると、ベランダやお庭のお掃除は大変ですし、台所のベタベタ汚れも落とし辛くなります。段々動くのがおっくうになりますしね。

 

そして…

体の大掃除も今のうちに始めませんか?

 

体の中の滞り(便秘、お腹の張り、むくみ、こり、冷え、などなど…)をそのままにしておくと、不調の原因になってしまいます。鍼とお灸で心地よい響きを与えることで、気血の流れを調整し、本来備わっている自然治癒力が働く状態に持っていきましょう。

体の中の滞りをすっきりさせて、忙しい年末に備えましょう!楽効堂でお待ちしております。

もう10月ですね

気付けばもう10月ですね。2017年もあと3ヶ月となってしまいました。。。

しかし、まだ3ヶ月もあります!

過ごしやすい気候になってきたことですし、ここは一つ、新しいことを始めてみるのはいかがでしょうか?

 

スポーツの秋、芸術の秋、そして、お灸の秋!

 

毎年、冬になると「冷え」が辛くてお困りの冷え症の方は、是非、今から「お灸」を始めてみませんか?

「お灸」の「灸」の字は「久しい火」と書きます。一日、二日ではなく、長いスパンでじっくり血行促進して行きましょう!冷え症のご相談も、楽効堂に是非どうぞ!!お電話、メール、LINEでお待ちしております。

鍼灸治療と自然治癒力

「鍼灸って即効性ありますよね?」というご質問を受けることがあります。
確かに一回の治療で大半の痛みがとれてしまう…というようなことも、場合によってはあるのですが、「その症状の状態、原因、お体の状態、体質、体の使い方、過ごし方などによるので一概には言えません」とお答えさせていただいています。
捻挫や突き指のように物理的に損傷してしまっている箇所が、鍼やお灸をしたからといって急にシュシュシュ…と修復され回復することはありません。
それを修復するのは、ご自身の体に備わっている「自然治癒力」です。

鍼灸治療は、気血の循環を整え、その「自然治癒力」を最大に発揮できるようにすることを目指す治療です。
健康番組やインターネットなどで様々な情報が手に入る時代ですが、実際に体験してみないとわからないことも多いのではないでしょうか?
鍼灸治療に興味はあるけどなかなか一歩が踏み出せない…という方にも是非体験していただきたいと思います!楽効堂でお待ちしています!

まだ梅雨とは言うものの…

ここのところ、連日、真夏の様な暑さですね。

この様な暑い時期は、つい、冷たいものばかり摂取してしまいがちですが、胃腸が冷えると、胃腸の機能は低下し、十分な消化吸収が行われなくなってしまいます。

体がだるくて仕方ない…という方は、是非、鏡でご自分の舌をチェックしてみてください。

「真っ白だ!」という方は要注意です。消化器系の働きが悪い状態を示唆しています。

そんな時、すぐ胃薬を飲むのではなく、まずは冷たいものを控え、食べ過ぎないよう気を付けてください。そして、是非、鍼灸治療をお試しください。

体からのサインをしっかり受け取って、早目に対処していきましょう!楽効堂でお待ちしております!

 

 

もうすぐ梅雨入りですね

早いもので、もう六月です。六月と言えば、梅雨ですね。

関東地方は例年、六月の一週目か二週目に梅雨入りするそうです。湿度が高い梅雨の時期は、むくみ、だるさ、胃腸の不調、関節痛、等々、辛い症状にお悩みの方がとても多くみられます。

・冷たいものを飲みすぎない(胃腸の機能低下を防ぐ)

・積極的に汗をかく(体内の余分な水分の排出)

・汗の乾きやすい下着を活用したり、冷房のきつい所ではストールなどを使い、汗で湿った状態で風にあたらない(風邪予防、関節痛予防)

など、過ごし方に気をつけると共に、鍼灸治療を是非活用してみてください。体内の余分な水分の排出を促し、胃腸の機能を高めるのは鍼灸治療の得意分野なのです!

鍼灸の勉強会

最近新しい方が沢山入会して下さって大盛況でした!
最近新しい方が沢山入会して下さって大盛況でした!

毎月第三日曜日に行われる「いやしの道協会」の月例会に今月も行ってきました。

 

今月の症例発表で取り上げられていた症例は「無月経」でした。この症例の場合は、胃腸の機能の回復をはかることにより、食べたものを栄養として取り込めるようになったことで体力がついてきて、治療開始から約一か月で生理が来たということです。そして半年後には周期も順調になりました。

 

「いやしの道」の鍼灸治療は、体に現れた「症状」の元となっている「原因」は何なのかを、脈・舌・腹・背・手足などの状態と問診内容から判断し、鍼と灸でその「原因」を変化させていくことを目指します。

女性にとって大切な生理。鍼灸治療はこうした症状にも効果的です。

患者様の声

「患者様の声」ページを新設しました。

 

楽効堂の鍼灸治療を受けてくださった患者様に、治療中の様子や、治療後の効果についてなど、ご感想をお寄せいただきました。ご協力下さった患者様に、心から感謝いたします。

本当にありがとうございました!!

 

これからも皆さまのお役に立てる様、精進いたしますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 

患者様の声

ショウガの効能

今日は少し暖かく、春の気配を感じられる一日でしたね。

しかし、週末はまた寒くなるとの予報です。
気温の変化が激しいこの季節を上手に乗り切っていきましょう!

 

冷え対策としてショウガを摂取している方も多いと思いますが、「生のショウガ」と「熱を通したショウガ」で効果に違いがあるってご存知でしたか?

 

漢方薬の材料としても使われる際も、

「生姜(しょうきょう)」= 生のショウガ、
「乾姜(かんきょう)」 =蒸して乾燥したショウガ

と区別されています。

効能は
「生姜」:発散作用、健胃作用、嘔吐鎮静作用、発汗作用
「乾姜」:強壮作用、健胃作用、温熱作用(深部)

ということで、

冷え症対策には「熱を通したショウガ」の方が、風邪のひき始めには「生のショウガ」の方が効果的です。

ちなみにショウガの皮のすぐ下に有効成分が多く含まれているので、皮はむかないで使用した方が良いですよ!

 

そして、冷え対策、風邪の治療、共にとても効果があるものと言えば…やはり鍼灸です。
この季節こそ、是非、楽効堂で鍼灸治療を体験してみていただきたいです!!

今年もよろしくお願いいたします

初詣は狛江の伊豆美神社に行きました!
初詣は狛江の伊豆美神社に行きました!

あけましておめでとうございます。

急に寒さが増してきた今日この頃、体調を崩されたりしていませんでしょうか?


寒いとどうしても姿勢が悪くなりがちです。そして、姿勢が悪いと、肩凝り、背中凝り、腰痛などが起きやすくなります。

一度、壁に背中をつけて立って、姿勢チェックをしてみませんか?

壁を背にして真っ直ぐ立ち、かかと、お尻、両肩、後頭部が壁につきますでしょうか?

猫背気味の方は、肩を壁につけようとすると、「こんなに?」というくらい胸を張る感じになると思います。


その姿勢の悪さは、寒くて肩をすくめてしまうからだけではなく、胃炎や消化不良によるお腹の不調が原因の場合もあるのです。(もちろん他の原因の場合もありますが…)


ご自分ではなかなか気づかない姿勢の乱れ、その原因など、チェックしてみたい方は、楽効堂にお越しください!


ご予約以外にご相談も受け付けておりますので、お気軽にお電話、メールでご連絡いただければと思います。


今年も、少しでも皆様のお役に立てるように精進して参りますので、何卒よろしくお願いいたします。


酉年

2016年も残すところあと5日となりました。

皆さまにとって今年はどんな年でしたか?

私にとっては楽効堂をオープンした記念すべき年になりました。お世話になった先生方、仲間、友達、そして患者様に深く感謝しております。

さて、来年は酉年ですね。でも、実は干支(えと)は酉年ではないのですよ。と言われてピンと来た方は東洋通です!

干支とは十干(じっかん)と十二支(じゅうにし)の組合せなのです。十干は甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸

十二支は子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥

なので、来年の干支は丁酉(ひのととり)です。

丁は植物が成長し一定の大きさに達して安定してきた状態、

酉は果実が極限まで熟した状態・酒熟して気の漏れる状態といった意味があります。

習い事や学問、商売で成果が期待できるそうですよ!

しかし、体調が優れないとせっかくの酉年も活かせません。楽効堂はお勤め帰りの方も来やすいように21時まで営業しております。新年の営業は5日(木)からです。どうぞお気軽にお越しください!

もう冬ですね!

「冬」と一口で言っておりますが、暦の上では立冬から立春の前日までとなっており、二十四節気の、立冬、小雪、大雪、冬至、小寒、大寒までを言います。(「小雪」「大雪」は「こゆき」「おおゆき」ではなく「しょうせつ」「たいせつ」と読みます。)

 

立冬:11月8日頃(2016年は11月7日)

小雪:11月23日頃(2016年は11月22日)

大雪:12月7日頃(2016年は12月7日)

冬至:12月22日頃(2016年は12月21日)

小寒:1月5日頃(2017年は1月5日)

大寒:1月20日頃(2017年は1月20日)

立春:2月4日頃(2017年は2月4日)

 

ということは、今日は「小雪」なのですね。そして、まだまだ冬は始まったばかりですね。

鍼灸は冷えにも効果抜群です!

寒さに負けずに冬を乗り切るためにも、是非、楽効堂にお越しくださいね!

楽効堂のラッコ

続きを読む

開院祝い

いやしの道協会の創始者である横田観風先生のお宅で月に1度「鍼禅茶話を聞こう会」が催されます。

今回は碧巌録(へきがんろく)第24則「劉鉄磨、潙山に至る」についてお話をしていただきました。

一人で読んでも「???」な碧巌録ですが、観風先生に解説していただくと、問答の情景が浮かんできて、そこから普段は考えないこと、気づくことができないことに沢山出会うことができるのです。時にジワーっと深く感動し、時にそうか!と興奮してしまうこともあります。

(ご興味を持たれた方は是非鍼禅の集いもご覧ください!)

禅の世界では「言葉」に囚われないことが大切なのだそうです。「言葉」ではない手段で「真実」を表そうとする高僧達(24則では問に対して「黙って寝っ転がる」という返事を「直ちに立ち去る」という行動で受け止めるという高度なやりとり…)の姿から、現在ヒット中の宇多田ヒカルの歌の歌詞「どんな言葉並べても真実にはならないから 今日は贈ろう 涙色の 花束を君に」が思い出され、この歌にも禅の心があるんだな…。と思ったりしました。そして…!帰り際、とても嬉しいことがありました。観風先生から開院祝いに、と色紙を書いて頂いたのです!!本当に嬉しく、感謝の気持ちでいっぱいです。これからも一層精進していくことを誓います!

ホームページができました!

永らく準備中だった楽効堂のホームページがやっとできました!(まだ少し準備中のところもありますが…)

いざ文章で説明しようとするとなかなか難く、四苦八苦しましたが、「鍼灸に興味はあるけど、なんか怖いな…」と思っていらっしゃる方に「試しに受けてみよう!」と思っていただきたく、挑戦してみました。

お時間のありますときにお読みいただけたら嬉しいです。